「花陽浴/純米大吟醸/吟風」:”ダサいたま”なんて言わせない!(埼玉)

こんにちは。

本日は、埼玉・南陽醸造の花陽浴(はなあび)を紹介します。

花陽浴と言えばファンが多く、フルーティーのお酒として知られています。

私も3年ほど前に初めて飲んだ時に驚きました。

「これが日本酒?!」

「まるでパインジュース!」

今ではそんな感動をすることは年に1回か2回ほどになってしまいました。

人間は刺激を求めるもんだなぁ。

話が逸れました。

今回ご紹介する花陽浴はこちら!

銀のキラキラしたラベルでおしゃれ?ですね。

オヤジ臭いという印象とはかけ離れているラベルで私は好きです。

拡大してみましょう。

純米大吟醸。無濾過生原酒。この辺りは気が向いたら簡単に解説するとしましょう・・・

反対側は・・・

吟風(ぎんぷう)

北海道の酒造好適米です。

酒造好適米とは・・・簡単に説明するとお酒造りに適しているお米

この吟風が2000年に登場してから彗星、きたしずくと続々と酒米が登場しています。

そして今、北海道の酒米がキテいます!

また北海道の酒米は紹介します!!

さて、花陽浴をいただくとします。

花陽浴=甘さ、パイン、フルーティー

こんなイメージでしたが、今回は・・・

かつてのパインの感動はありませんが、甘さがしっかりあります。

あま〜いお酒にありがちなダラダラ残るようなこともなくとても飲みやすいお酒です。

これはうまい!日本酒があまり得意でない方にもおすすめです。

花陽浴をお店で見つけた際はぜひ飲んでみてください!

お米違いでラベルが違いますので、色々試してみるとお気に入りが見つかるはずです!

【詳細】容量:720ml /吟風100%/精米歩合:48%/alcohol:18度/購入額:2,100円

【個人的オススメ度】3.5/5

南陽醸造のHPはこちら