「田崎洋酒店」:大分でクラフトビールを買う!なんだかゆったりの角打ちも

*この記事の情報は新型コロナウイルス感染拡大前の情報となります。

こんにちは。

久しぶりの更新となります。

最早、営業の方しか見ていないのでは?と思うくらいの更新頻度ですがこれから少しずつ投稿していきます。

記事はサボっていましたが、酒屋さんの開拓は進めていましたので、徐々に紹介できればと思っています。

さて、今回は初の大分編です。

九州は福岡のとどろき酒店以来の紹介となります↓

大分といえば・・・

とり天や琉球丼でしょうか?

お魚も鯖美味しいイメージがありますね。

『…これはビールだ!』

ということで早速リサーチ。

どうやら近くにビールが充実している酒屋さんがあるらしい..

ということで、いつものように歩いて行ってきました。

店名に偽りなし!洋酒がズラリ。

今回、訪問したのは『田崎洋酒店』

大分駅から少し歩いたところにある洋酒店です。

日本酒が好きな私は、◯◯酒店というところに行くことが多いのですが、今回は洋酒店。

お店はガラス張りで中が見渡せるので入りやすい酒屋あるあるの入りにくい雰囲気はあまり感じません。

ただ、相変わらずはじめての酒屋さんに入るのは緊張しますね..

店の前で立ち尽くしていると怪しいのでさっさと入店します笑

田崎洋酒店。大分の酒屋さん!

賑わう角打ち!

お店の奥の方ではワイワイと飲んでいる人たちが。

このお店、角打ちがあり購入したお酒を飲むことができるようです。

つまみも数百円で購入できるようで、チーズや缶詰が販売されているようです。

『冷蔵庫の前で次はどれを飲もうか〜?』

なんて会話が楽しそうです。

私は『孤独の飲酒』を好むので、角打ちには参加せず、購入するお酒を厳選します。

クラフトビールが豊富!

海外のビールから日本のクラフトビールまで幅広く陳列されています。

海外のビールはあまり詳しくないので、いつもは飲んだことのないビールで、デザインとフィーリングで決めているのですが..

今回は、先ほどの角打ち戦士たちから情報を得て、話題のビールと海外ビールの2本、購入しました。

ビールグラスもたくさん売っていて、家の近くだったら買っていたでしょうが、今回は断念..

同じお酒でも、グラスによって違う表情を見せてくれるので酒器も変えてみるとより楽しめますよ。

ビール以外にもワインや焼酎、日本酒もあります。

特にワインはたくさんの種類売っていました。

洋酒店なので当たり前ですかね笑

(角打ちゾーンの近くはビビったので、詳しくみていません…次回こそ!)

角打ちもあってかとても雰囲気の良い酒屋さんでした!

詳細情報

所在地:大分県大分市府内町2丁目6−16

営業時間:10:00 ~ 22:00

その他:駐車場なし

取り扱い:クラフトビール多数、ワイン、おつまみ

※取り扱いは時期によって変わります。目的のお酒がないときは店員さんにおすすめを聞いてみましょう。